■速報「レバノンの首都で大爆発・・・」

 

昨日の満月日にレバノンの首都ベイルートで

突然、大爆発があり約100名近くの死亡者と

約4000人の負傷者が出た模様です。

 

アメリカ大統領のコメントに

何かの攻撃?・・・というような事を

ニュースを観ましたが本当の原因は、

なんでしょう・・・

 

8月4日は、気学的にはまだ7月星になりますので

下記の7月運勢リズムの過去記事予報にあります

赤字に該当する要素を観じます。

 

 

気学的「7月の世相と天地変動」の象意 (追記)

やっと経済活動と生活も少し戻った感じと、完全に元に戻ることのない新たな暮らしスタイルが定着する現実が御座います。7月星は、世相の騒乱と共に、雷雨、落雷、竜巻、洪水、火山噴火、爆発、地震、津波・・・などが起きやすい月と観ます。特に火薬、火球、爆音、電信・電波塔、送電線、漏電火災、停電、感電事故、発電所やダムの事故・・・などに注意したい月となります。

 

 

また、8月運勢リズムの過去記事にも

下記のような赤字要素と可能性がありますので、

8月のこれからは、特に下記のような天地

変動に注意を向けて、できる限り想定無難

にしてゆきたいものです。現在、上空の

電子量が急上昇していますので8/8日前後から

地震と噴火の想定注意をしておきたいと思います。

 

 

気学的「8月の世相と天地変動」の象意 

8月星、8月7日からは、世相の騒乱、地震と噴火の天地変動と共に、母なる大地(地球)、平地、農地、農家、埋め立て地、川原、公園、工場、球場、城址、土砂、コンクリート、焼き物、土木工事現場の復旧・再生・・・落雷、豪雨、爆発注意・・・消化器系、嘔吐、下痢、便秘、不眠、皮膚病、などに注意したい月となります。

 

★「8月の天地変動」可能性と注意日

方位的視点から、「8月は、日本の国全体も個人住宅も北東と南西の鬼門方位関係が激しく動きやすい方位関係になる」天と地の動乱の可能性ある月。曇天穏やかな日の中にも油断すると大豪雨、大雷雨、爆発などが起きやすい月。「8月の変動日」新月までの前半は【2日土用の丑、4日満月、8日、11日、14日、17日、18日・・・】とその前後が注意日と観ます。今月はお盆の月、見えない世界からの干渉がある月なので、ご先祖様と天地自然への感謝を充分向ける月にしたいと思います。

 

 

暑さの中にも、日本の天地自然を・・・

 

生かして頂いて ありがとう御座います

 

mojusun

 

 

 

コメント